タミフル対策室

タミフル対策室

数年前から何かと悪い話ばかり聞くタミフル。しかしその効果は高く、医者からタミフルを処方される人は少なくありません。タミフルを処方された時、そのお薬とどう向き合っていけばいいのか。

オセルタミビルリン酸塩はタミフルのこと?

オセルタミビル リン酸塩は医薬品に使用される有効成分の一種であり、現在はタミフルに使用される成分として最もよく知られています。
時折「オセルタミビル リン酸塩とタミフルは違うのか」という疑問が出ることはありますが、正確にはオセルタミビル リン酸塩は薬の成分の名前、タミフルはオセルタミビル リン酸塩を使用したインフルエンザ治療薬であるとなりますから同じものではありません。
ただ現在オセルタミビル リン酸塩を使用している薬はタミフルとそのジェネリック薬だけですから、薬剤師などの専門家でも無い限りオセルタミビル リン酸塩=タミフルといった理解でも差し支えは無いでしょう。
またジェネリック薬についてもまだ日本国内では製造が認可されておらず、インドなどの一部の地域で作られるもののみとなっていることを踏まえると、現状ではオセルタミビル リン酸塩=タミフルと考えて全く問題はありません。
ただ薬の特許は永遠に認められているわけではなく、認可が下りてから一定年数が経過すると特許が切れて開発したメーカー以外も成分を利用することが可能になります。
その際にジェネリック薬として有効成分が同じであるものの別の名前を使っているといったケースが出てくる可能性が高いですから、もしジェネリック薬が作れるようになったのであればこの認識は少々不適当なものになるでしょう。
どういった形であるにせよ、自分に処方された薬のことについては専門家に教えてもらうのが最も確実な方法です。
具体的には処方を担当した医師や薬剤師がその専門家に該当するため、もし処方された薬に気になることがあるということであれば早い段階で医師・薬剤師に確認をして疑問を払しょくしておきましょう。