タミフル対策室

タミフル対策室

数年前から何かと悪い話ばかり聞くタミフル。しかしその効果は高く、医者からタミフルを処方される人は少なくありません。タミフルを処方された時、そのお薬とどう向き合っていけばいいのか。

タミフルの服用期間に気を付けよう

タミフルは、インフルエンザに効くお薬ですが、その飲み方には注意が必要です。その秘密は、「タミフルはインフルエンザのウイルスを殺菌、死滅させる薬ではなく、増殖を抑えて症状の重篤化を防ぎ、本来身体が持っている治癒力でインフルエンザを治す薬である」ということです。

まず最初の飲み方の注意は、タミフルを処方されたら処方されたその場で服用するか、なるべく早いうちに服用することが大切です。飲み始めの理想の時期は、症状が出始めてから48時間以内には服用することです。48時間以内に服用することで、ウイルスが体内で大幅に増えるのを食い止めることができます。

タミフルは、1日に2回の服用が必要ですが、2日も飲み続ければ熱が下がってきて大分楽になってきます。しかし、ここで飲むのを止めてはいけません。熱は下がっていますが、ウイルスはまだ体内に少し残っており、完全にいなくなったわけではないからです。

ここで飲むのを止めると、残ったウイルスが再び増殖し、熱がぶり返すなどの症状が表れます。では、「最低でも何日間飲み続ければいいのか?」というと、最低でも5日間は飲み続けましょう。5日間飲み続ければ、ウイルスもいなくなり、タミフルを飲まなくなってもウイルスの影響が身体に出ることはなくなります。

タミフルは以前、服用した方の異常行動などが報道されたこともあり、服用に関しては不安を抱いている方も多いようです。しかし、途中で服用を止めてしまって再びウイルスが増殖してしまっては、途中まで飲んだ分も無駄になってしまいます。服用を怖がらず、5日間は飲み切りましょう。また万が一、異常行動などの不安な事態が見られた場合は、すぐにかかりつけの医師に連絡しましょう。